SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

cooking-joy!!

〜食で作る輪〜
<< ’07 BEST DISH | main | 咲いた咲いた >>
ジンベイザメに会いたい
 恒例のセブ島ダイビングへ行ってきました。
今年のメインはレイテ島へジンベイザメに会いに行こうです。
 レイテ島は私達日本人にとってはとても悲しく響く名前の島です。
また、2年前南レイテは大きな土砂災害がおきた地でもあります。
私達はこの地で先ずは船上から海にお神酒を捧げ、黙祷を捧げて海に入りました。
ジンベイザメに会えるポイントはPINTUYAN

◆この岬の先がジンベイザメの道です
この岬の先がジンベイザメの道です

村には保護会があり、全てはこの村の長が権限を持っていて、全てを委ねます。
10:00頃に到着したのですが、長は“13:00頃が遭遇するチャンス、その頃に出直してくるように”とのこと。
我々は予定を変更して午後にダイブする予定のポイントMAPANTAOで潜って、
PINTUYANへ戻りました。

指定された時間より1時間ほど遅れてしまいましたが、いよいよジンベイザメに会いに出発です。
ジンベイザメDIVEはSCUBA ではなく、SNORKELかSKIN DIVEです。ジンベイザメは泡が苦手で泡を出すと、寄ってこないそうです。
私達はスノーケルの準備をして船上で待機です。
我々の船の前には3艘の手漕ぎボートが1艘を頂点に、三角形の底辺に2艘が位置し、先行します。この3艘がジンベイ君?さん?を探します。

◆先行する斥候ボート(向こうに見える村がジンベイザメの保護をしています)
先行する斥候ボート(向こうに見える村がジンベイザメの保護をしています)

村の長は我々の船の高所で、見張ります。
先行ボートから遭遇の合図があれば、我々が水中へ、列を作って前進、ジンベイ君を上から眺める。近くまで潜って一緒に泳ぐ?という段取りです。
緊張が続きます。
夏間近の日差しから逃げる場所もなく、じっとその時を待ちます。
30分、40分、あきらめムード・・・・・・

◆全権を握る長。 ジンベイザメの姿を探します。
全権を握る長。 ジンベイザメの姿を探します。

“すみません。今日は来ないようです”長がすまなさそうに頭を下げられました。
残念!!   だからジンベイ君は値打ちがあるんだ・・・
誰かが“海遊館へ見に行こか”

今回のMAIN EVENTはTHE END!! とあいなりました。

石垣島のマンタは2回行って、2回共遭遇できたのに・・・・
特に2回目は4頭(尾)がスクランブルを演じてくれたのに・・・・
だからジンベイ君にも絶対会えると信じていたのに・・・・

今回の収穫は、最終ダイブの最後に、海中で全員の集合写真を撮っている時、海亀が突然我々の眼前に現れて、1人が亀の甲羅を両手でつかんで写真に納まったことかな?

好天に恵まれ、今回も現地の素晴らしいスタッフのお蔭で、楽しいグループの方々のお蔭で、無事7回目のセブ島ダイビングを満喫させていただきました。


| - | 01:54 | - | - | - | - |