SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

cooking-joy!!

〜食で作る輪〜
<< ジンベイザメに会いたい | main | BARAFU(バラフ) >>
咲いた咲いた
 母が好きだった蝋梅を中庭に植えてもらったのは6年前でした。
1mほどの高さで、その冬に20輪ほど花をつけ、傍に行くと、芳しい香りをはなっていました。

 母は蝋梅が好きで、母の仕事部屋の窓傍には大きな蝋梅の木があって、地味だけれど寒さの中で強く芳香を放つ花を母の花と、私は蝋梅に特別の想いを持っているのです。
 母が亡くなって、形見となるようなものがほとんどなく、形見代わりに蝋梅を植えてもらったのです。

植えた次の年は、我が家の蝋梅は10輪足らず開花しました。

次の年、次の年、またまた次の年、木は上に上に伸びれど花は1輪も咲きません。[桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿]という言葉があるように、梅は上に上に枝を伸ばすので、これを切らないといけないのですが、素人がむやみに切っても・・・とためらっていると、主人が私の想いも知らずに邪魔になる枝をばっさり切っていました。 

 1昨年から定期的に植木屋さんが来てくださることになり、“花を咲かせてください”と懇願しました。
この小さな中庭は陽当りは悪く、風通しもよくないし、植わっている平戸、さつきなども枝は横に張らずに、陽を求めて上へ上へ伸びるのです。
以前植わっていた梅の木は一度も花が咲かず、ひたすら伸びるだけだったので、ついに退場処分にしてしまった経緯があるので、なんとしても蝋梅だけはそんなことにならないで・・・

昨年冬、願いも空しく未開花。
秋に植木屋さんに手当てしもらって、今冬を待っていたのです。

近所にある蝋梅は年末からそろそろ蕾をつけはじめていました。
我が蝋梅はつける気配もありません。
やはり、ダメなんだ。庭の土質も適していないんだ。ガックリ。

 年が明けて1月11日、明日初釜なので、中庭の掃除をしていました。
“わ〜 咲いてる!!”たった1輪だけれど・・・その横に蕾も1つ。
たった1輪だけれど・・・その横に蕾も1つ

思わず鼻を近づけて、ええ匂い” 他の枝を調べてみると、小さな小さなかちかちのかたい蕾が数個ついています。
バンザーイ!!バンザーイ!!
小さな小さなかちかちのかたい蕾が数個

上に上に伸びた枝が太陽の光をやっととらえて開花させたのでしょうか?

 まだこの蝋梅は今日も咲いています。隣の蕾も開花して、2輪寒風の中寄り添っています。
かちかちの蕾もふくらんで、黄色い花弁をのぞかせています。
数えてみると、後5個のかたいかたい蕾があります。
晩生だけれど、か弱そうだけれど、母の花はやっと我が庭にやってきてくれました。母のような頑丈なたくましい木になるでしょうか?
寒風のなか2輪寄り添って

蝋梅は地味な可憐な花ですが、実は我が母は蝋梅とは似ず、80kgほどのたくましい体格で、派手な人でしたが、寒風の中で楚々とした花を凛と咲かせる蝋梅をいとおしく思ったのかもしれません。

来年もその先もずっと咲き続けてくれること祈って、今日も蝋梅に鼻を近づけて香りを楽しんでいます。

 
| - | 11:47 | - | - | - | - |