SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

cooking-joy!!

〜食で作る輪〜
<< 咲いた咲いた | main | 4コマクッキング >>
BARAFU(バラフ)
近くのスーパーで見慣れない野菜が目についた。
手に取ると、Barafu 佐賀大学ブランドとなっている。
パックの中をのぞくと、肉厚のとげのない観葉植物のサボテンのような野菜らしきものがパックされている。その葉の表面、茎に小さな水玉がビッチリついていて、キラキラ光っている。パックの裏を見ると、品名「アイスプラント」となっている。
アイスランドの野菜?以前アイスランドの「マウンティングラス」を食したことがあるが、アイスランドは海藻で耕作地を作ったと聞いているので、変わった植物ができるのかな??? “変わった野菜やねぇ、買ってみましょ” 1パック¥158 安いし・・・
BARAFU(バラフ)

パックを開ける。野菜についての説明はなにもなし、まず一口食べてみる。
“えっ 塩っ辛い!! 軟らかい!! 塩水が出てくる!!” たしか昨年ベジブルマイスターの講義で野菜とは・・?“塩味のないもの”と聞いたはず・・・
この野菜は今までの常識をくつがえすワ!!

早速インターネットで検索。あるある“なるほど・・アイスランドでなくアフリカ原産。
このプチプチは塩嚢細胞というらしい“
料理例もでているが、あまり気に入った料理はない。

どんな料理がいいかなぁ〜

フレッシュトマトの冷製パスタを作ってバラフを散らしてみる。 
結果・・・バラフはトマトに味、食感共に負けて、存在感全く無し。
フレッシュトマトの冷製パスタ

バラフにソースをかけると、その持ち味は失われる。
そのまま食べて、塩味、みずみずしさ、軽い軽い食感を生かさないと意味が無い・・

う〜ん 

パスタなら、具はなしにして、ソースをからめただけのパスタにバラフのみの具、しかもバラフの味が加味されるように・・・

そ〜や!!

ガスパチョは?
早速ガスパチョを作って、カッペリーニとあわせてみた。
“ガスパチョスープパスタ”これにバラフを盛ってみた。
ガスパチョスープパスタ

いける!!
バラフのソルティーなジューシーさがめっちゃ生きてる。大成功!!

続いて
鶏のから揚げに添えてみた。
から揚げを食べて、串かつのキャベツよろしく、バラフを合の手に食べる。
まあまあ・・・・60点
鶏のから揚げ

海藻入りビーフンのゴマダレ和えにバラフを天に盛ってみた。
これもまあまあ・・・70点
海藻入りビーフンのゴマダレ和え

やはりガスパチョは私の中では100点
これはいける。

バラフはプッチーナとかクリスタルリーフ、ソルトリーフ、ソルティーナなどの名で販売されているようです。平均価格は¥300程度(ネット上では)。
塩分を含む土壌でも栽培でき、レタスより栄養的にも上、癖の無い味は万人にも受け入れられ、これはなかなか今後ブレイクするのではないかな〜。
価格は¥200程度なら家庭用としても買いやすいのですが、¥300台はちょっと高いのでは?

さあ今後どうでしょうか? 私もバラフ料理にトライしてみましょう。
本当に面白い野菜です。

| - | 00:30 | - | - | - | - |